担当教員紹介

谷本寛治 (たにもと かんじ)先生

早稲田大学商学学術院商学部教授

*

略歴

1955年 大阪市生まれ
1979年 大阪市立大学商学部卒業
1984年 神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了
1989年 経営学博士(神戸大学)
和歌山大学経済学部教授などを経て
1997年 一橋大学商学部教授
2000年 一橋大学大学院商学研究科教授
2005年 特定非営利活動法人 ソーシャル・イノベーション・ジャパン代表理事(09年まで)
2009年 社会・経済システム学会会長(12年まで)
2010, 2014年 Free University of Berlin 客員教授
2011年- 企業と社会フォーラム(JFBS)会長
2012年 早稲田大学商学学術院商学部教授
2016年 National Taipei University 客員教授
2017年 Free University of Berlin, Cologne Business School 客員教授
2018年 Durham University, National Taipei University 客員教授

その他、経産省、厚労省、環境省、国交省、内閣府の
審議会、委員会等の委員を歴任。
これまで数十社の企業にアドバイス
やCSR報告書の第三者意見書等を提供する。

主な著書

Corporate Social Responsibility,(共著) Emerald, 2018 (近刊).
Stages of Corporate Social Responsibility: From Ideas to Impacts,(共著), Springer, 2016.
『ソーシャル・ビジネス・ケース―少子高齢化時代のソーシャル・イノベーション』(編著)中央経済社、2015.7.
Dictionary of Corporate Social Responsibility,(共著), Springer, 2015.2.
(Outstanding Reference Book Award of the year in 2015, American Library Association)
『日本企業のCSR経営』 千倉書房、2014.
『ソーシャル・イノベーションの創出と普及』(共著)NTT出版、 2013.
『責任ある競争力』NTT出版、2013.
Corporate Social Responsibility in Asia, (共著), Routledge, 2009.
『企業社会のリコンストラクション』千倉書房、新装版、2008.
『SRIと新しい企業・金融』 (編著)東洋経済新報社、2007.
『ソーシャル・エンタープライズ―社会的企業の台頭』(編著)、中央経済社、2006.
『CSR―企業と社会を考える』NTT出版、2006.

専門

企業システム論、「企業と社会」論

企業社会の社会経済システム論的分析:企業と社会のインターフェイスにかかわる問題群について(例:企業の社会的責任、社会貢献活動、社会的責任投資、社会的企業家、ソーシャルビジネス、企業-NPO-政府・行政のコラボレーションなど)

◎谷本研究室: http://tanimoto-office.jp/

*

ゼミ生から見て谷本先生はどんな人??

〇時に厳しく優しい

〇お話し好き!(CSR はもちろん、スポーツ、趣味で集めていらっしゃる世界各国のマグネットのことe.t.c)

〇でもゼミ生の言うことも尊重して耳を傾けてくれる

〇疲れているところを見たことがないくらい、世界を飛び回る偉大な先生!

〇厳しいけどゼミ生のことをとても心配してくれる(ゼミ生からの手袋のプレゼントも喜んでくれました!笑)

〇愛のあるお父さんみたいです

〇先生主導ではなく、先生と生徒半々ずつという考えでゼミ生の主体性を尊重してくれる

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中